スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨッシーのクッキーを粘土で手作り!

今回紹介するのは、粘土で作った、

ヨッシーのクッキー

ヨッシーのクッキー_粘土
ファミコン版ソフトと一緒に(*´∀`*)

「ヨッシーのクッキー」は、任天堂から発売されたゲーム。
1992年にファミコン&ゲームボーイにて、1993年にスーパーファミコンで発売だそうで、
当時小学生だった私はファミコン版とスーファミ版を持ってて、
弟と対戦ばっかりしてた思い出があります。
今でもたまにやる好きなゲームのひとつです。

で、今はもう捨ててしまったのですが、当時、
プラスチックでできた缶詰みたいなのに入った
「ヨッシーのクッキー」の消しゴムを持ってて、
今になって急にそれが懐かしくなってしまった。

というわけで、
粘土でそれを再現しよう!と思い立ったのが、
これらを作ったきっかけです。

ただ、余った粘土でお試し的に作ったものなので、
いろいろ反省点はあって、
赤いジャム(?)みたいな部分をもっと盛り上がった感じに改善したいとか、
もっといっぱい作りたいとか。

そして何よりも、
「ヨッシーのクッキー」なのに”ヨッシー型のクッキー”を作ってない、
ってのが最大の反省点なので、
そのうちきちんと作り直そうと思います。

スポンサーサイト

クロスステッチに挑戦~マザー2のどせいさんキーホルダー~

今回はクロスステッチに初挑戦!

マザー2 どせいさん のキーホルダー

を作ってみました。


一応、前の記事からの続きといったところでしょうか。

“レトロゲームが好きなので
ドット絵を生かしたハンドメイド作品を作りたいって理由で
ステッチビーズやクロスステッチをやりたいと思ってた。”
ってことを、前の記事で書きました。

というわけで前にビーズについて書いたんで、
今回はクロスステッチについてです。

はじめてのクロスステッチなので、
例によってまずは手始めに"クロスステッチキット"を購入。

クロスステッチ_キット


これを選んだ理由は、
元の値段の30%OFFで売ってて安かったから。

こんなダサイ図案、誰も選ばないから売れ残ってて安いんだろうなwww

もちろん、私もこの図案を作る気分は毛頭ありません(笑)

私が作りたいのは、ファミコンとかスーファミとかのドット絵のキャラたちで、
図案はすでにあるので、選ぶ際に図案はどうでもよかったw

私が欲しかったのは、
クロスステッチ用の布と針とクロスステッチについての簡単な説明書。
キットだとこれらが一度に揃うので実に便利、実に初心者に親切。

あとは、作りたい図案の色の刺繍糸を買い足して、
家に帰って早速作ってみました。


できたのが、これ。
大好きなゲーム、マザー2より”どせいさん”。

クロスステッチ_どせいさんキーホルダー

肌色の部分は、実は影の部分をちょっと濃い色にしてて2色なんだけど、
あまりにも微妙な色の差の刺繍糸を選んでしまったせいか、
刺繍後には色の違いがほとんどわからなくなってしまっているのが反省点。。。

あとは、全部同じ加減に刺繍するのが意外と神経使う気がする^^:

それから、なんだろう。。。
このキーホルダーがやっぱりなんか垢抜けない印象なんだよね。。。
切り抜いてほつれてこないようにできれば、バッジとかにしたい・ω・)ノ



余談。
ステッチビーズとクロスステッチ、両方やってみた個人的感想ですが、
レトロゲームのキャラのドット絵を流用するなら、
ステッチビーズよりクロスステッチのほうがよさそうです。
クロスステッチはきちんとした方眼なのですが、
ステッチビーズだとビーズの形が正方形ではなく長方形なので縦長or横長になってしまう。。。
(デリカビーズの場合だと比は5:4らしいです)

前回作ったインベーダーのような比較的単純ななキャラなら
ちょっと横長とかになってもかわいいかなって思うんですが、
もっと複雑で沢山のマス目を必要とするキャラになってくると、
縦長or横長だとあんまりかわいくないかなーって思ってしまうので。


けど、レトロゲームのドット絵にこだわりすぎることないし、
ステッチビーズ、クロスステッチ、どっちもそれぞれの風合いとか魅力あるし、
せっかくどっちもできるようになったんだからこれからもちょっとずつやっていきたいなぁ。

ビーズステッチ・ビーズ織りに挑戦~インベーダゲームストラップ&バッジ~

今回は、ビーズステッチとビーズ織りに挑戦!

ビーズのインベーダーゲーム風ストラップ&バッジ

を作ってみました。

ステッチビーズインベーダーゲームストラップ完成


ファミコンとかスーファミとかのレトロゲームが好きなもんで、
以前からこういうドット絵を使った小物を作ってみたかったのね。

で、ドットを生かすんっだったら、
ステッチビーズとクロスステッチがいいんじゃないかな、と思ったわけです。

というわけで、
どっちもやったことない初心者の私は、
まずはステッチビーズのキットを買ってみました。
パーツクラブさんの店舗で購入した、ねこのストラップのキット。

それで、できたのがこちら↓

ステッチビーズねこストラップ

まだストラップ金具つけてない状態ですが、
ビーズを編む部分に関しては、意外と簡単にできた!


・・・けど、これってビーズがレンガみたいに並んでるから、
私が望んでるみたいなドット絵は書けないよね。。。
(ちなみにコレは、“ペヨーテステッチ”と呼ばれる編み方で、1番一般的で基本の編み方だそうです。)


というわけで、
ビーズが方眼の目のように並んだ編み方をネットで検索。

そしたら、ありました。
“スクエアステッチ”という編み方が!

って、喜んで“スクエアステッチ”にとりかかったわけですが、
これがなかなかの曲者で・・・
編むのがかなり面倒(;´Д`A ```

いろいろレシピ・図案検索しても、
スクエアステッチじゃなくてペヨーテステッチのレシピが圧倒的に多いし、
ペヨーテステッチが1番基礎的で一般的なのは、
スクエアステッチの面倒さ故なのか(´・ω・`)

途中でくじけそうになりながらも
なんとか最後までスクエアステッチで編んでできたのが
最初の写真で上の方にあるピン付のものです。


で、
ペヨーテステッチでは方眼にならないからドット絵が作れない、
スクエアステッチは編むのが面倒、
ということを学んだので、
次はビーズ織り機を使った“ビーズ織り”に挑戦してみることに!

ビーズ織りだと、
ビーズが方眼の目のように並ぶし、スクエアステッチほど面倒でなさそう。

ただ、“ビーズ織り”には、ビーズ織り機が必要なのですが、
市販しているものはバカみたいに高い!

しかし!「ビーズ織り機 作り方」で検索すると、
身近にあるもので代用がきくことが分かったので、
私もビーズ織り機から自作してみることに。

家にある物だけで即席で作ったビーズ織り機がこちら↓
材料は、プラスチックの箱、爪楊枝、セロテープのみです。

ステッチビーズインベーダーゲームストラップ製作途中

スクエアステッチと違って作業がすすむ、すすむ。
あっという間にインベーダ一匹できたw

しかし、喜びは束の間・・・
ビーズ織りの場合、最後に縦糸の処理(糸引き)をしなくちゃいけないんですが、
これが思ってたより手間取るという結果に。。。

で、できたのが、
最初の写真で下のほうにあるストラップです。



ビーズステッチ、ビーズ織りは今回が初挑戦だったわけで、
はじめてやるものにはいろいろ思い通りにいかないことが多いなぁと学んだ作品でありました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。