スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」ロケ地めぐり その3

前回前々回に続いて、
大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」のロケ地めぐりレポです。


<北海道札幌方面中央警察署>
探偵と高田が、
則天道場から一緒に逃げ出してきた塾生を車から降ろし、警察へ行くように勧めた場所。
中央署

私はこの近くのホテルに宿をとったのだが、
あとからもう一度DVDをみて確認すると、私が泊まったホテルがちょっとだけ映画に映っていた。
それにしても、札幌方面中央警察署、ってなんだか不思議な名前である。


<テイセンボウル>
探偵と高田が、加藤を呼び出した場所。
目印の漫画ピンキーを見せびらかすようにもって堂々と歩いてくる高嶋政伸がおかしくて思わず笑ったお気に入りのシーン。
テイセンボウル1

朝の5時ころに行ったので、(当然だが)レストランは閉まっていたので概観のみ。

映画では、窓から木や駐車場のようなものが隣にあるのが確認できるが、
私が行ったときは、隣の敷地は工事中で何もなかった。
朝早い時間に行ったせいもあるかもしれないが、どことなく廃墟的な雰囲気が漂っていた気がする。
映画でみたときはもっと華やかな感じがしたが、実物をみるとかなり印象が変わった。

余談だが、この扉、こわいよね。
テイセンボウル2


<地下道>
加藤を撃った犯人を追って探偵がたどりつく場所。
地下道

JR札幌駅から南に伸びる地下道。
映画では、数字の9と10が壁に書いてあるのが確認できたが、
そこまで考えて写真とれなかったのがちょっと残念。


<三角山五衛門ラーメン>
探偵と高田がラーメンを食べたあと、探偵が拉致されたラーメン屋。
三角山五衛門ラーメン

店内には映画ポスターと松田龍平さんの色紙が飾ってあった。
いわゆる繁華街的なすすきのから離れた場末な雰囲気の場所にあったのはちょっと予想外。


<オークラビル前>
探偵が沙織に会いにいったあと歩く通り。
オークラビル前

意外にも、看板が映画の中のと全く同じだった。


<小樽駅>
探偵がコンドウキョウコの最後の依頼で訪れる。
小樽駅

小樽駅は、ホームや建物内にランプがたくさんあるのが特徴的だと思った。


<小樽観光船のりば>
喫茶店ハーバーライトがある場所。
観光船のりば1

観光船のりば2

観光船のりば3

映画のポスターが貼ってあった。
この通路の奥の右側に“喫茶店ハーバーライト”がある設定だが、実際にははない。

椅子の配置も映画の中とは違っていた。

また、映画でドリンク自動販売機のあったのと同じ場所に自動販売機はあったが、
映画のは古めかしい感じだったが、実際は普通のいまどきのものだった。
映画ではアイスの自動販売機はなかった。

探偵はここで散々待った挙句に結局札幌に引き返すが、
私はどうしても観光船に乗ってみたくなって、衝動的に観光船に乗ってしまった(笑)


<小樽-札幌間の電車>
探偵がコンドウキョウコ=沙織だと気づいて札幌に引き返すときの電車。
”スピードあげてくれーーー”

車内。
小樽札幌電車内
映画で出てた電車と比べると、壁の模様は同じだが、色が違っている。


電車からの風景。
小樽札幌電車からの風景

映画では海が荒れてみえたが、私が行ったときは穏やかだったように見える。
きっと季節的な問題で冬になると荒れるのだろう。

余談だが、私は海のすぐそばを走る線路とか道路とかがたまらなく好きなので、
この札幌-小樽間の電車はかなり楽しかった。



・・・というわけで、
映画「探偵はBARにいる」のロケ地めぐりレポは一応おしまい。

思い返すと、すすきのゼロ番地あたりに行ったときはひどい大雨に遭遇して、
いろいろ大変だったなぁ。。。

大雨のせいもあるけれども、
そもそも行きたい場所が多かったので、
ひとつひとつの場所に時間をかけられず、かなり駆け足でめぐったので、
写真は結構テキトーなものが多くなってしまった。

ちょっと残念ではあるが、
キレイな写真を撮るために行くのではなく、
単に実際にその場所に行ってみたいから行くのであって、
写真はそのおまけみたいなものだから。

でも、結構早いペースで回ったのに、
行けなかった場所(例えば羊が丘展望台とか動物園とか)もあったのは、
衝動的に観光船に乗ってしまったからなんだけど、
それはそれでとっても楽しかったのでよかったと思ってる。

今回行けなかったとこはまたの機会に行けたらいいなと思います。

スポンサーサイト

大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」ロケ地めぐり その2

大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」ロケ地めぐりレポ、
前回の続き。


<大通りビッセ>
南のオフィス、札幌経済法律事務所の概観。
大通りビッセ


<札幌テレビ塔>
探偵が南のオフィスのエレベータに乗ってるときの背景に出てくる。
また、探偵が近藤京子の店で働いていた元従業員(新谷真弓)に会いにいった場所。
"あしの、ながーいの、おっさん”(笑)

概観。
テレビ塔概観

展望室。
テレビ塔展望室

映画内でも”西”と書かれているのを確認することができた。
”西”以外は、プリクラの機械がおいてあったり、売店があったりで撮影には適してなかったからだと思う。


<有馬ビルのある通りの1本西の通り>
ソープランド「英雄好色」がある通り。
英雄好色


<喫茶店トップ>
映画の中の、喫茶店モンデ。
喫茶店トップ(モンデ)

映画のポスターが貼ってあった。
ちなみにここの向かい側がナッツカフェで、裏が冒頭でドタバタやってた駐車場。


<赤ひげ薬局前>
酔った探偵と松尾が通った場所。
赤ひげ薬局


<喫茶 声>
高田がテーブルに埋め込んであるマージャンゲームをやってるそばで、
探偵が加藤(高嶋政伸)に電話した場所。
“私の特徴はハゲ頭にヒゲです”(笑)
喫茶声

私が訪れたとき(平日の夜22時くらい)は閉まっていた。
古めかしい感じで本当に営業してるのが疑わしかった。
もし中に入れるとしたら、漫画ピンキーがおいてあるのか確かめたいw


<グリーンビルNO.4>
探偵が誰かにあとをつけられてると思って引き返す階段があるビル。
グリーンビルno4階段


<ラーメン横丁>
探偵が走って逃げた通り。
ラーメン横丁


<すすきの交番>
すすきの交番の奥に見えるビルが、
探偵が田口幸平(有薗芳記)に金の出所を問い詰めた屋上のあるビル。
すすきの交番


さて、
長くなってきたのでまたまた次回に続きます。

大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」ロケ地めぐり その1

2012年9月11ー12日、
1泊2日で、
札幌と小樽へ行ってきました。

「水曜どうでしょう」&大泉洋さんのファンの端くれなので、
「水曜どうでしょう」関連の場所と、
大泉洋さん主演の映画「探偵はBARにいる」
のロケ地めぐりをしてきました。

まずは、映画「探偵はBARにいる」のロケ地めぐりから。
だいたい映画に出てきた順に書いていこうと思います。



<ノベルサ周辺>
映画冒頭で出てくるノベルサの観覧車。
ノベルサ観覧車


<ナッツカフェ>
探偵(大泉洋)が追いかけられるシーンの背後にここの看板が見える。
ナッツカフェ1

ナッツカフェ2

まだ明るい時間に通ったときは、"NUTS CAFE"という文字がうっすらとしか見えなかったので、
もうお店がなくなってしまったのかと思っていたが、
夜になってもう一度きてみると、ちゃんと見えた。
夜になって電気をつけるともっとはっきり見えるようになる仕掛けの看板らしい。


<すすきの市場裏の駐車場>
探偵がやられそうになって高田(松田龍平)が助けにくるシーン。
すすきの市場裏駐車場

映画では雪が積み上げられていたが、もとは駐車場。
大きな看板はなかったので、セットだったのだろうと思う。


<ジャスマックプラザホテル>
霧島グループ20周年パーティの会場。
水槽のあるパーティ会場で探偵と高田が松尾(田口トモロヲ)と会話してる。
ジャスマックプラザホテル

さすがにパーティ会場に入ることはできなかったので概観のみ。
もらってきたパンフレットには、水槽のあるパーティ会場がちゃんと載ってあった。


<建設会館北側の小道>
霧島敏夫(西田敏行)が車で連れ去られそうな女性を助けようとして殺された場所。
探偵が、沙織(小雪)が花を添えにくるところに遭遇するシーンもここ。
霧島殺害現場1

霧島殺害現場2

東急の近くで、建設会館の北側の小さい通り。
ちょっとだけ花を手向けたい衝動に駆られた。

映画みたとき、現代仏壇のロゴが気になってたが、ちゃんとあった。
映画では、道路の両脇にはレンガの建物があったが、
私が行ったときは道路に面した敷地は工事中で、
レンガの建物はなくなっていた。
あと、映画では街灯がいくつも並んでいたが、
私が行ったときは1つしかなかったし、形も違っていた。


<大通公園>
雪祭りのシーンがちょっとだけでてくる。

私が行った9月には当然雪祭りはやっていない。
代わりにとうもろこし屋さんがあって美味しそうなとうもろこしの香りがした。


<有馬ビル>
BARケラーオオハタがはいってるビル。
映画ではここの通りをケラー通りというらしい。
有馬ビル

映画中でBARケラーオオハタの看板の手前にある看板がそのままあった。
ちなみにBARの内部はここではなくセットらしい。


<すすきの交差点>
探偵の語りが入る部分ですすきの交差点の映像が出てくる。
すすきの交差点

いわゆる典型的なすすきの、という感じの場所。
私が手にしたガイドブックによると、ニッカの看板の背景は6色に変化するそうである。


<北海道大学>
高田を紹介するシーンで出てくる。

北大の敷地内には行ったが、
時間的な都合で、映画で出てくるいかにも北大って感じの建物や馬のいる建物には行けなかった。
代わりに、クラーク博士の像をみてきた。
ちなみに、北大のクラーク博士は胸から上のみの像であり、有名な指差しポーズはしていない。
ポーズをとっている全身の像は羊が丘展望台にあるそうだ。


<札幌市時計台>
探偵が南のオフィスに歩いて向かうときに時計台の前を通る。

「水曜どうでしょう」では、
”日本全国絵ハガキの旅2”で登場。
大泉さんの父親の名言「なんとかインチキできんのか」が生まれるもととなった場所でもある。

札幌市時計台

ご存知、全国がっかり観光スポットのうちのひとつ。
これも、朝の5時ころに散歩したときに訪れた。
こんな時間に時計台にくる観光客なんか私くらいだろうと思っていたが、他に2組くらいが写真を撮りにきていた。
なんだかんだいってやっぱり観光名所のひとつなのだ。


・・・と、長くなってきたのでとりあえずここまで。
次回に続きます。

ミルキィローズ風バッグ を作った☆

プリキュア全員分作って、
勝手にプリキュアオールスターズ全員集合バッグにしたいと思ってる、
手作りプリキュア衣装風バッグ。

第4弾は、

ミルキィローズ風バッグ です('-'*)

ミルキィローズ風バッグ1

ミルキィローズ風バッグ2

後ろは例によってシンプル。
ミルキィローズ風バッグ3

中身。
ミルキィローズ風バッグ4


個人的お気に入りポイントは、
中央の青いバラです♪
試作しないでぶっつけ本番で作ってみたわりにはうまくできたと思う☆

こういうバラは、
スイートローズプレート
っていう道具を使えば簡単に作れるそうです。

でも、
雑誌に載ってたスイートローズプレートの使い方みたら、
布の折り方と縫う場所さえわかればそれでも作れそうだったので、
その道具なしで作っちゃったよ( ̄∇ ̄)
何事も工夫が大切だね。
(↑とか言って、道具を買うお金がもったいないと思ってるただケチなだけなんだけど・・・)


というわけで、
手作りプリキュア風バッグ、4つになりました!
プリキュア風バッグ4つ

それにしても、
ブラック、ホワイト、ルミナス、ミルキィローズの組み合わせって、
なんか変な感じ(笑)

キュアブラック⇒キュアホワイト⇒シャイニールミナス、
と、初代MaxHeartが続いて、
なんで次は、スプラッシュスターをすっ飛ばして、
5gogoのミルキィローズ?
と思った人、いるかもしれないけど、(いるのかな?^^;)

決してスプラッシュスターが嫌いなわけじゃなくて、
(そして、とくにミルキィローズが特別好きなわけでもなく、)
ただ単に、
ミルキィローズ風バッグのデザインがパッと浮かんできたからでした。


だって、
スプラッシュスターの2人は何気に色が多くてデザインしにくいし、
5gogoとスマイルはなんとなく衣装のデザインがかぶってるから難しいし。。。

というわけで、
次も、デザインが浮かんだ順にゆるゆると作りますよ~



ふたりはプリキュアMaxHeart風ポケットティッシュケース を作ったよ

プリキュア全員分作ろうとしてる、プリキュア風バッグ。
キュアブラック、キュアホワイト、シャイニールミナスがそろったわけですが、
3人分揃った写真を載せてなかったので、
とりあえず、ここにUP★

ふたりはプリキュアMaxHeart風バッグたち

自分でいうのも変だけど、
なんか3人揃うと嬉しいね(゜∀゜*)


で、今回は、
プリキュア衣裳風バッグ達を作った余りの生地で、
ポケットティッシュケースを作ってみました~

初代プリキュアテッシュケース1

初代プリキュアティッシュケース2

初代プリキュアティッシュケース3


シャイニールミナス風バッグを作ったときに、
せっかく買ったのに使わなかったシャイニールミナスっぽいレース、
とりあえず、ここで日の目をみることができてよかった(*´∀`)

個人的には、ハート型のアクリルストーンがお気に入り☆
実は、元はといえば、
浅草橋周辺のお店でこれらのアクリルストーン見つけて、
かわいいからとりあえず購入して、
何かに使えないかなーーと思って、
考えついたのがこのポケットティッシュケースだったのでした。
思いつきで作った感じなので結構適当だけどね・・・w

キティちゃんのフリルスカート を作ってみた。。。

ちょっと前に作った、
キティちゃんのフリルスカートです。

キティフリルスカート

作り方は、
ブティック社の「ゴスロリVol.14」の中の
"PUTUMAYOのMixフリルスカートを作りましょ"
というコーナーを参考にしました。

このスカートの元のデザインは、
チェック柄とストライプ柄が交互に段になってるフリルスカートなので、
”Mixフリルスカート”の”Mix”ていうのは、
チェック柄とストライプ柄のMixってことみたいなんだけど、
私はシンプルに全部同じ柄の生地で作ってみました。
・・・シンプルって言っても、
柄がキティちゃん柄ってシンプルとはいえないか^^;

作り方的には、
布を直線に切って→ギャザーを寄せて→縫い合わせて、
の繰り返しなので、単純作業で簡単。
でも、布が長いのでギャザーが面倒なのと、
同じことを何度も繰り返すのでちょっと飽きます(´・ω・`)

あと、
作ってみて、
予想外にボリュームがありすぎ!
と思った。

トルソーにはパニエを2枚重ねて着させてるから、
そのせいもあるかもしれないけど。
本には、”パニエなしでさらりとはいてもGOOD!!”
って書いてあったけど、
個人的には、パニエなしだとフリルがよたってきれいに見えない気がするし。。。

雑誌の写真ではそんなにボリュームあるようには見えなかったのに
なんでなんだろう?
生地の厚さとかのせいなのかな?
実際にはいてみると更にボリューム感が増したように思えて、
夏だとパニエ暑いし、
あんまり気軽に着れる感じではなかった・・・(o´_`o)

本当は、
気軽に着まわしできるようなのを作りたくて、
生地選ぶときも、
かわいいピンクとかの色は我慢して、
キティちゃんながらも黒メインの落ち着いた感じのものを選んだのに・・・
ちょっと残念な感じになってしまいました(*´・ω・`)
次はがんばるぞ(*`・ω・´*)

またまたプリキュアトランクス を作ってみた。

今回作ったのは、
フレッシュプリキュア柄のトランクス(もちろん男性用w)

フレッシュプリキュア柄トランクス1

前あきもちゃんと作ったよ。
フレッシュプリキュア柄トランクス2


型紙は、柳腰亭さんの、
基本トランクスの作り方
の無料型紙を使用させていただきました。
でも縫い方とかはかなり自己流です(とくに前あきの部分とか)(笑)

あと、
ぬいものちくたくさんのところでも、
トランクスの無料型紙&作り方を紹介してるのを見つけました。
こちらは、ゴムを通すのではなくてトランクス用ゴムを縫い付ける方法のレシピで、
手元にトランクス用のゴムが無かったので今回は断念。
トランクス用ゴムが用意できたらこちらの型紙でも作ってみたいと思ってます。

さて、
これでプリキュア柄トランクスは2つになりました。
フレッシュ&ハートキャッチプリキュア柄トランクス
左側は、かなり前に作ったハートキャッチプリキュア柄トランクス。
友達にプレゼントするために作ったんだけど、
最近なかなか会えなくてまだ渡せてない・・・(人;´Д`)ゴメンネ


個人的にこの生地のツボだったのは、
ローマ字で、
“Shiawase GET dayo!”(幸せゲットだよ!)
とキュアピーチさんのセリフ風に書かれてるところですw
しあわせげっとだよ
ローマ字ってなんかうけるww
(かといって、ひらがなとかで書かれるともっとおかしい気もするけど)

シャイニールミナス風バッグ を作りました♪

手作りプリキュア風バッグ
第3弾は、
シャイニールミナス を作りました☆

シャイニールミナス風バッグ1

シャイニールミナス風バッグ2

後ろ。
シャイニールミナス風バッグ4

中身。
シャイニールミナス風バッグ3

このバッグは、
先日作った、キュアブラック風バッグのデザインに手を加えた感じ。
だから、わりかし簡単にできるかなー、と思ってたらそうでもない><

何気にかなり試行錯誤したのが、中央のハート。
1色じゃなくて、赤に黄色のふりどりになってて、
それ表現するのに一苦労(。´-д-)
一応なんとかそれっぽくなった気はするけどどうだろうか・・・

あと、ちょっと悩んだのはフリルの部分。
実はシャイニールミナスの衣装っぽいレース(半分の楕円が連なったようなやつ)
を偶然見つけて買っていたのだけれど、
生地がちょっと薄かったのと、素材が綿なので、
サテン生地も多めに取り入れて作ったブラックやホワイトと比べると
ここまで綿にしてしまうと少々地味になってしまうかな~と判断して、
そのレースを使うのを断念してサテン生地のフリルにしてみました。

せっかく用意したルミナスっぽいレースも何かで使いたいなぁ、
と妄想中。


さて、
ここまでは、ブラック→ホワイト→シャイニールミナス、
と順番通りに作ってきたけど、
次の作品は、、、

見てのお楽しみです(* ̄ー ̄*)

キュアホワイト風バッグ を作ってみた☆

プリキュア28人コンプリートを目指して作り始めた、
手作りプリキュア風バッグ。

第2弾は、

キュアホワイト です。

キュアホワイト風バッグ1

キュアホワイト風バッグ2


後ろはシンプル。
キュアホワイト風バッグ3

中身はこう。
キュアホワイト風バッグ4

お気に入りポイントはレースかな。
材料買出しに行ったとき、
このキュアホワイトっぽいレースを偶然見つけたときは、
まさに、出逢った!!って感じでテンションあがったよねw

でもでも、
このバッグはかなり大変だった。。。
1番大変だったのはなんといってもスカラップ部分。
キュアブラック風バッグのときと同様、カーブのせいでバイアス処理できないので、
見返し処理にしたわけですが・・・
キュアブラックのよりカーブがきついので縫いにくいし、
カーブが途切れて重なってる頂点の部分の処理に戸惑い・・・
かなり時間かかりました(o´Д`)

あと、配色。
バッグのデザインを決めるときに、
はじめは、
プリキュアストアで買った、”プリキュアポストカードシート”
(↑ハガキ9枚がつながったサイズでプリキュア28人が描かれてる)
を参考にしてたんだけど、
ふと、「プリキュアぴあ」についてきたポストカードをみると、
同じ青は青でも微妙に色が違うような・・・
それでどっちが本当か気になって、
公式のサイト確認すると、
またこれも微妙に違う気がするし。。。

で、結局こういう配色にしてみたんだけど、
一応完成した今でもこれでよかったのか悩んでる・・・
う~ん・・・

青みが違うバージョンも作ってみたいけど、
あのスカラップ処理を再びやることを考えると重い腰があがらない・・・( ´・ω・)

というわけで、悩みながらも何とか完成したキュアホワイト風バッグでした。


次回は、
手作りプリキュア風バッグ 第3弾
シャイニールミナス
の予定です☆

キュアブラック風バッグ を作ってみた!

今回作ったのは、
手作りプリキュア風バッグの第1弾。

第1弾は、もちろん、

初代プリキュア キュアブラック です!

キュアブラック風バッグ1

キュアブラック風バッグ2

うしろはシンプルにしてみました。
キュアブラック風バッグ4

中身はこんなかんじ。
キュアブラック風バッグ3

大きさは、
横:約28cm 縦:約18cm マチ:約12cm です。
ランチバッグとか、ちょっとしたお出かけ用の大きさ。

ちなみに、基礎となるバッグの形は、
前回紹介した試作品とはちょっと変えました。
試作品はバッグ口元の見返し無しですが、こちらは見返し有りです。

キュアブラックの衣装は、
使われてる色も少ないし、デザインもわかりやすかったので、
このバッグのデザインはパッと頭に浮かんできた感じでした。

でも、ちょっと予想外だったことも・・・
まず、レースの上の濃いピンク色の部分、
バイアステープで処理しようと思ってたけど、
カーブのせいでうまくいかなそうだったので、見返し処理に変更(´`)
あと、中央のハート、
きれいなハートにするのがなかなか難しい(・д・`*)

デザインだけするのは簡単でも
それをちゃんと形にするのは意外と難しいものなのだと実感。

でもバッグ作り初心者にしては割とうまくできたような気がするのは気のせいか。

プリキュアオールスターズ28人作るまではまだまだだけど、
地道にがんばるぞ(`・ω・´)


次回は、
手作りプリキュア風バッグ
第2弾 キュアホワイト風バッグ
を紹介する予定です☆

プリキュア風ランチバッグを作るための試作品 改め失敗作(笑)

先日、

プリキュア風のデザインのバッグを作りたい!

とふと思い立ったのです。

大きさはランチバッグくらいで、
プリキュアの衣装のデザインを取り入れて、
リボンとかハートとかフリルとかで飾って。

しかも、全員(現時点で28人)違うデザインで作って、
並べてみたら楽しそう☆

・・・というわけで、
プリキュア風デザインのバッグが28個並んだ光景をどうしても見たくなって、
早速作ることにけって~い!


。。。とはいうものの、
実はランチバッグ作ったことなかったので、
まずは試作品を作ってみることに。

大まかな作り方を検索して、
家にあった市販のバッグを参考にして、
なんか簡単にできそう、
と思ったけど。。。

できた試作品はこちら↓
ランチバッグ試作1

どうしてこうなった(゜д゜)
取っ手の付ける位置間違っちゃってるよ(笑)

おまけに、後ろ側は↓
ランチバッグ試作2

表布、1枚布で作ったから模様が逆さまになっちゃってる( ̄ロ ̄lll)
こういう上下方向のある模様の生地は表布2枚にしてはぎ合わせなきゃいけないんだな。。。

あと、けっこう適当に裁断したから、
表布と裏布の大きさが微妙に違っててずれちゃってる。
もっと丁寧にやればよかった。。。

あと、ちょっとマチが広い気がしたり、取っ手が細い気がしたり、
自分のイメージしてた形と違うから修正しないとなぁ。。。


と、まぁ反省することの多い試作品となりました。
なんか前途多難な気もするけど、大丈夫。


次回は、
プリキュア風バッグ第1弾 キュアブラック風バッグ
をアップする予定です☆

5段切り替えのティーアードスカート を作ってみた☆

ちょっと前に作った、5段切り替えのティーアードスカート。

5段切り替えのティアードスカート

う~ん。
↑写真、背景も白だからちょっと見づらいかな。。。

これは、夏の初めに、
唐突に、
白いシンプルなティアードスカートがほしい!!
と思いたって一気に制作したもの。

シンプルなの1つあると着まわし利くし、
長いスカートだと日焼けもしないし、
ティアードスカートだと布を直線に切って縫うだけだから簡単だし、
よし、作ろう、
という感じで。

型紙・作り方は、
大塚屋さんの”手作りしましょう”のコーナーの中から、
「5段切り替えでボリューム感のあるティアードスカート」
を参考にしました。

「ティアードスカート 作り方」 とか
「ティアードスカート 型紙」 とかで検索すると、
いろいろあったけど、 

個人的な好みの問題で、
3段とか4段とかではなく、
どうしても5段のティアードスカートにしたかったので、
探しに探して(・・・ってほどでもないか^^;)、
こちらの型紙を利用させていただくことにしました。

大塚屋さんの手作りしましょうのページは
他にも本当に沢山いろいろと無料型紙が載っていて
創作意欲をそそられます☆

ちなみに、このティアードスカートの制作費ですが。
生地は日暮里のトマトさんで100円/1mの生地を見つけ、
レースは家にあって余ってたのを使ったので、
制作費は300円くらいかな(笑)

安すぎw

プリキュア生地の筒型バッグ を作ってみた♪

今回作ったのは、プリキュア生地のバッグ。

プリキュアバッグ完成1

プリキュアバッグ完成2

ひとめぼれして買った、
プリキュアオールスターズNew Stage みらいのともだちの生地(赤ver)

この生地で何を作るかずっと悩んでいたけど、
型紙売り場で”筒型バッグ”の型紙みつけて、これだ!と思ったので、
“筒型バッグ”を作ることにけって~い☆(←夢原のぞみ風に)

そんな単純なインスピレーションで型紙買ったもんで、
いざ作ってみると結構大変。。。

まず、
この生地にはプリキュアが28人いる。
ここでまず悩む。
考えなしに裁断したらキュア〇〇〇とキュア△△△がいなかった。。。
、とかいうことになったら悲しいから、ちゃんと考えなきゃ、と。

というわけで、全員入るように裁断したら、こんな感じに。
布を無駄に使ってるなぁ。。。
プリキュアバッグ製作過程1

で、こちらが途中経過。
プリキュアバッグ製作過程2


ちゃんと全員いるよ。
暇な人は28人数えてみてくださいw

ちなみに、
私はキュアアクアが1番好きなので、
1番目立つ(と思われる)位置にくるようにしてみた。
(てか、写真ブレちゃってる。。。撮ったの夜中の2時ころだったんで。)


それから大変だったのは、マチの部分のパイピング。
パイピングなんて使ったことないからつけ方知らないけど、
型紙の説明書みても、「パイピングをつけます」としか書かれてないし、
まぁ自己流だよね。
で、付けてはみたけど、うまくいかなくて全部とってやり直したね。
それで結構時間くっちゃった。

作り始めた時は、外は暗かったのに、
完成した時には、太陽が昇ってたよね。。。

う~ん。
作ってる最中(とくにパイピングのあたり)は、
”こんな大変ならもう筒型バッグなんて作るものか!”
と思っていたけれど、
いざ制作終了して、こうして完成品を前にすると、
色違いも作りたいなぁ、とか(同じ柄の生地のピンクverもあります)、
キティちゃん柄とかもいいなぁ、とか
思ってしまうから不思議~

ロリータ系 ビスチェ&タックスカート を作ってみた

ロリータ系 ビスチェ&タックスカートです。

ロリータビスチェ&タックスカート1

ロリータビスチェ&タックスカート2

型紙・作り方はレディブティックシリーズ
「乙女のソーイングBOOK」
を参考にしました。
ちなみに、表紙の左側のものです。

型紙は一緒でも、生地を変えると
こんなに印象が違ってみえるのね。

元のデザインは地味めの生地で、
スカートにはボタンで取り外せる結び紐がついてて、
ビスチェの後ろは編み上げ風になってて、
でっかいリボンがたくさん付いてるんだけど、
  
今回私が選んだ生地は派手めな感じなので、
その分デザインはシンプルにしたいと思って、
リボンとか凝ったデザインの部分は省いてみました。

でもビスチェの中央に1個くらいはでかリボンとかあってもいいかな?
と思ったりするのであとで作り足そうかなぁ。



で、今回、これを作ってみて思ったことは、
”シャーリングって思ってたより簡単!”
ってこと。

ちょっと分かりにくいかもしれないけど、
ビスチェの後ろ部分がゴムシャーリングになってます。

ロリータ系ビスチェ&タックスカート3

実はシャーリングは今回初めてやってみたのだけど、
案外簡単にできて拍子抜け。
ちなみに、「usakoの洋裁工房」さんの
シャーリングゴムの縫い方の動画が参考になりました。

今までなんとなく避けてきてたシャーリングだけど
(食わず嫌いみたいなもんだなw)、
これからはシャーリングのあるデザインの服も抵抗なく作れるのはうれしい。
サンドレスとか作りたいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。