スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」ロケ地めぐり その3

前回前々回に続いて、
大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」のロケ地めぐりレポです。


<北海道札幌方面中央警察署>
探偵と高田が、
則天道場から一緒に逃げ出してきた塾生を車から降ろし、警察へ行くように勧めた場所。
中央署

私はこの近くのホテルに宿をとったのだが、
あとからもう一度DVDをみて確認すると、私が泊まったホテルがちょっとだけ映画に映っていた。
それにしても、札幌方面中央警察署、ってなんだか不思議な名前である。


<テイセンボウル>
探偵と高田が、加藤を呼び出した場所。
目印の漫画ピンキーを見せびらかすようにもって堂々と歩いてくる高嶋政伸がおかしくて思わず笑ったお気に入りのシーン。
テイセンボウル1

朝の5時ころに行ったので、(当然だが)レストランは閉まっていたので概観のみ。

映画では、窓から木や駐車場のようなものが隣にあるのが確認できるが、
私が行ったときは、隣の敷地は工事中で何もなかった。
朝早い時間に行ったせいもあるかもしれないが、どことなく廃墟的な雰囲気が漂っていた気がする。
映画でみたときはもっと華やかな感じがしたが、実物をみるとかなり印象が変わった。

余談だが、この扉、こわいよね。
テイセンボウル2


<地下道>
加藤を撃った犯人を追って探偵がたどりつく場所。
地下道

JR札幌駅から南に伸びる地下道。
映画では、数字の9と10が壁に書いてあるのが確認できたが、
そこまで考えて写真とれなかったのがちょっと残念。


<三角山五衛門ラーメン>
探偵と高田がラーメンを食べたあと、探偵が拉致されたラーメン屋。
三角山五衛門ラーメン

店内には映画ポスターと松田龍平さんの色紙が飾ってあった。
いわゆる繁華街的なすすきのから離れた場末な雰囲気の場所にあったのはちょっと予想外。


<オークラビル前>
探偵が沙織に会いにいったあと歩く通り。
オークラビル前

意外にも、看板が映画の中のと全く同じだった。


<小樽駅>
探偵がコンドウキョウコの最後の依頼で訪れる。
小樽駅

小樽駅は、ホームや建物内にランプがたくさんあるのが特徴的だと思った。


<小樽観光船のりば>
喫茶店ハーバーライトがある場所。
観光船のりば1

観光船のりば2

観光船のりば3

映画のポスターが貼ってあった。
この通路の奥の右側に“喫茶店ハーバーライト”がある設定だが、実際にははない。

椅子の配置も映画の中とは違っていた。

また、映画でドリンク自動販売機のあったのと同じ場所に自動販売機はあったが、
映画のは古めかしい感じだったが、実際は普通のいまどきのものだった。
映画ではアイスの自動販売機はなかった。

探偵はここで散々待った挙句に結局札幌に引き返すが、
私はどうしても観光船に乗ってみたくなって、衝動的に観光船に乗ってしまった(笑)


<小樽-札幌間の電車>
探偵がコンドウキョウコ=沙織だと気づいて札幌に引き返すときの電車。
”スピードあげてくれーーー”

車内。
小樽札幌電車内
映画で出てた電車と比べると、壁の模様は同じだが、色が違っている。


電車からの風景。
小樽札幌電車からの風景

映画では海が荒れてみえたが、私が行ったときは穏やかだったように見える。
きっと季節的な問題で冬になると荒れるのだろう。

余談だが、私は海のすぐそばを走る線路とか道路とかがたまらなく好きなので、
この札幌-小樽間の電車はかなり楽しかった。



・・・というわけで、
映画「探偵はBARにいる」のロケ地めぐりレポは一応おしまい。

思い返すと、すすきのゼロ番地あたりに行ったときはひどい大雨に遭遇して、
いろいろ大変だったなぁ。。。

大雨のせいもあるけれども、
そもそも行きたい場所が多かったので、
ひとつひとつの場所に時間をかけられず、かなり駆け足でめぐったので、
写真は結構テキトーなものが多くなってしまった。

ちょっと残念ではあるが、
キレイな写真を撮るために行くのではなく、
単に実際にその場所に行ってみたいから行くのであって、
写真はそのおまけみたいなものだから。

でも、結構早いペースで回ったのに、
行けなかった場所(例えば羊が丘展望台とか動物園とか)もあったのは、
衝動的に観光船に乗ってしまったからなんだけど、
それはそれでとっても楽しかったのでよかったと思ってる。

今回行けなかったとこはまたの機会に行けたらいいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。